フラッシュ脱毛のメカニズムってどんな感じなの?

フラッシュ脱毛というのは脱毛サロンに行っていれば絶対知っていう施術方法だと思うのですが、このフラッシュ脱毛っていうのは今脱毛サロンで主流で行われている施術です。昔は針で脱毛するっていうニードル脱毛なんていうものもありましたが、これはかなり高難易度で危険ということで法律によって禁止されました。という訳で現在は光を使ってムダ毛処理するフラッシュ脱毛オンリーです。

でも通っている人も何となく受けているって人が多いですが、この施術方法ってそもそもどんなメカニズムで脱毛を進めていくのでしょうか?簡単に説明すると、毛を作る製造元である毛母細胞っていう細胞を熱によって破壊することで完了する施術方法です。でもなんで光を当てるだけでこういったことが可能になるんでしょうか?

これは毛の黒いことと密接に関わってくるんですが、結局光っていうのは今までの経験でもご存知の通り、黒い光を吸収します。吸収された光エネルギーは熱エネルギーに転換します。その熱が結局毛根周囲にある毛母細胞に間接的に伝わることで周囲の細胞を破壊していく訳です。よく冷却ジェルとかを使って脱毛する理由は熱の吸収をしすぎることで温度が上昇しやけどするのを防ぐためなんですよね!

こうして結果的に毛母細胞を壊して毛をつくらなくさせるっていうことになります。ただ、一回じゃとても壊しきれません。なので繰り返し繰り返し通って毛母細胞を壊していく訳なんですよね。

細胞を壊すって大丈夫なの!?って思う人もいるかもしれませんが、実際の脱毛は肌も綺麗になるし嬉しいこと尽くしでしたね。私は名古屋在住なので栄駅周辺でサロンに通いましたが、本当に良かったって思ってます。脱毛名古屋って検索したらいろんなサロンが出てきますよー。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です