レーザー脱毛と家庭用脱毛器、どう違うの?

高度な脱毛といえばエステサロンやクリニックで施術を受けるのが一般的ですが、近年では優れた家庭用脱毛器も登場しており、高度な脱毛処理が身近に感じられるように変化しています。
では、高度な家庭用脱毛器さえあればクリニックのレーザー脱毛が不要であるかといえば、それは違います。明らかな効果の差が見られるからです。
家庭用として売られている高度な機器として、光によるものとレーザーのものが存在します。光はエステサロンの光脱毛の機器と同じ仕組みです。広範囲に照射して毛を取り除く効果を持っています。レーザーはクリニックのレーザーと仕組みが似ており、ピンポイントにむだ毛に照射して、処理をするものです。

これらの家庭用機器は価格が安いのがメリットです。1台の価格を見れば数万円もする高価な家電ですが、1回購入すれば後は消耗品を交換するだけですので、費用を安く抑えられます。クリニックのレーザー脱毛だと、両わきのみでも2万円程度、全身なら30万円~50万円程度かかることが目立ちますので、とても安いとはいえません。
しかし、安さの部分だけを比較すると失敗します。家庭用脱毛器の弱点は、クリニックのレーザーの効果に比べると、大きく劣ります。
あくまでも家庭用として販売されている機器ですから、素人が使用しても安全に使えるように調整されています。高度な機器ではありますが、照射する光やレーザーの出力が弱くなっており、火傷などの肌トラブルが起こるリスクを抑えています。

光やレーザーの出力が低ければ、毛の奥の部分まで効き目があらわれにくくなります。そのため、再びむだ毛が生えてくる結果になり、何度も頻繁に処理を続ける必要があります。
クリニックのレーザー脱毛だと、医療行為に当てはまるような高い出力を維持できますので、毛の根元まで到達する処理が可能です。根本からむだ毛を取ることができますから、同じ部分から再び毛が生えてくることがほぼなくなります。

総額で見ると確かに高く感じられるものの、数回の処理でむだ毛処理がほとんどいらなくなるほどの高い効果が実感できるのがメリットです。これが家庭用の機器になると何年も処理を続けなければならないため、消耗品の交換費用や、本体が壊れてしまった時に新しく買い替える費用がかかってきます。長い目で見ると無駄に費用がかかってしまうのが心配です。
それでも構わないというのであれば、家庭で気軽にむだ毛処理ができる家庭用脱毛器はおすすめです。しかし、むだ毛処理の手間をなくしたいのであれば、クリニックのレーザー脱毛を受けるのが良いといえるでしょう。総額が高くても、医療ローンやクレジットカードで分割払いができるクリニックを選べば、支払いの負担が減るようになります。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です