産毛を脱毛したい時に知っておくと良いこと

産毛とはとても細くて短めの毛のことで、普通の黒い毛に比べると目立つことがありません。顔や背中、うなじ付近に見られるものですが、目立たないといわれていても美容的な効果を望む人にとっては邪魔になることがあります。お化粧が塗りにくかったり、ニキビができやすくなるといった問題が気になるところです。問題を解決したいなら、脱毛してしまうのが一番です。
脱毛方法として、家庭で行う処理と、エステサロンやクリニックで行ってもらう施術に大きく分けられます。
家庭で行う脱毛はカミソリやシェーバー、クリームなどですが、これらは産毛の表面だけを除去するやり方ですので、処理をしてもすぐに再び毛が生えてきてしまうことを覚えておいてください。
一方のエステサロンやクリニックでは、光やレーザーを使って毛の奥の方から除去してくれますので、高い効果が期待できます。特にクリニックのレーザーによる処理は強力で、これらの方法の中では最も再び毛が生えてくる確率が低いものに当てはまります。
エステサロンやクリニックで脱毛すれば、すぐにスッキリとした状態を作り出せると考えられがちですが、普通の濃いむだ毛に比べると、産毛に対する効果が弱まってしまう点に注意してください。
光やレーザーによる処理の仕組みは、毛が持つメラニン色素に反応するようになっています。メラニン色素は黒い色であるのが特徴で、髪の毛の色や肌の色、シミやソバカスの色などを作り出します。濃い黒色を持つ毛によく反応しますので、むだ毛に対してピンポイントに処理できるのが優れています。毛穴の奥にまで反応して、再び毛が生えにくいほど高度な処理を受けられるのがメリットです。
ところが、産毛はメラニン色素が少ないのが特徴で、白色に近い灰色や、透明に近い色になっています。光やレーザーが反応しにくい色とあり、脇やデリケートゾーンなどに見られる濃くて太いむだ毛に対する処理に比べると、圧倒的に効果が弱まるのがデメリットになります。
1回の処理では十分な効果が得られず、施術回数を重ねなければならず、施術回数が少ないとされるクリニックのレーザーであっても10回以上の処理が必要になってくるほどです。
光やレーザーで脱毛できない訳ではありませんが、回数が多くなってしまい、その分だけ費用の負担が増えることを予め知っておきましょう。
色素の薄い産毛であっても根本からきちんと処理をして高い効果を得たいのであれば、電気脱毛を検討したいところです。ニードルや絶縁針脱毛とも呼ばれているもので、極細の特殊な針を毛穴の奥に挿入して、針に電気を流して毛を熱処理します。脱毛においては最も確実性があり、再び毛が生えてくる確率が低いものになります。これなら毛の色素に関係なく高度な処理が可能です。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です