レーザー脱毛とブラジリアンワックスを比較

むだ毛処理をする方法には割とたくさんの種類が存在しますが、その中の一部としてブラジリアンワックスとレーザー脱毛が存在します。両者を比較すると大きな違いが見られますので、むだ毛処理をする際には違いを理解してから選択するようにしたいところです。
ブラジリアンワックスは家庭で行ったり、エステサロンのメニューとして知られています。デリケートゾーンのむだ毛処理、いわゆるVIOの部位の毛を取り除く方法として、世界各地で利用されているものです。
ワックスを処理したい部分の表面に塗り、暫く待つことでワックスを剥がしやすい状態になりますので、その時に一気に剥がすようにして毛を取り除く方法です。ワックスそのものを塗る場合と、テープにワックスが付いたものを貼り付ける方法が見かけられます。
一方のレーザー脱毛ですが、エステサロンやクリニックで受けることができます。しかし、エステサロンの施術は特殊な光機器が採用されており、クリニックのレーザーとは違う種類のものが使われています。一般的にクリニックのものがレーザー脱毛として広まっている状態です。
レーザー脱毛はブラジリアンワックスと比較して、仕組みが全く異なるものです。黒に近い、濃い色に反応するレーザーをむだ毛のある部分の表面から照射します。照射したレーザーは毛の濃い色の部分に反応して熱処理します。熱処理された毛は脆くなり、しばらくすると自然に抜け落ちるようになります。
前者の方法は粘着力のあるワックスに毛を絡み付ける形で強引に引っこ抜く方法です。とてもスッキリとした見た目になるものの、実際には毛の根元からは抜けていません。途中で切れてしまっていることが多く、すぐに同じ部分からむだ毛が生えてきてしまいます。
後者のやり方は、毛の根元にある毛乳頭付近に熱処理を加えますので、根本から毛を取り除くことが可能です。毛を作る部分がほぼなくなりますので、同じ部分から毛が生えてくることがなくなります。
効果の違いを比べると、圧倒的にレーザー脱毛の方が効果が高いことが分かります。一度抜け落ちた部分は毛が生えませんので、何度も施術を繰り返すことにより、ほとんどむだ毛処理が要らなくなるほどの仕上がりが得られるメリットが魅力的です。
熱処理されますが、毛の色素に反応する特殊なレーザーですから、周囲の皮膚の部分にはほとんど影響を与えません。火傷や腫れの心配がなく、綺麗な肌状態を維持したままむだ毛処理ができるようになっています。その代わり、1回あたりの施術料金が高く、高い効果が得られるまで最低でも5回くらいは通院する必要があります。
ブラジリアンワックスは再びむだ毛が生えてくるのがネックですが、料金はレーザーよりも圧倒的に安いというメリットを持っています。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です