脱毛するデメリットはある?

脱毛をすることで、肌が美しく綺麗になり、ツルツルになりますので、水着などの好きな服を着て楽しむことができます。また、処理をする手間がなくなり、自己処理による肌のダメージもなくなります。
しかし、脱毛はメリットばかりではなく、デメリットもあります。まず、脱毛エステや医療脱毛は、高額な機械を使用しますので、お金がかかります。自己処理とはちがって、専門知識や技術を習得している専門のスタッフに施術をしてもらいますので、予約の時間の調整やエステティックサロンや医療機関に通うという時間や手間がかかります。
また、脱毛中は、日焼けをしないように気を付けないといけません。それはエステティックサロンや医療機関で行われる施術には、レーザーや光による脱毛が用いられています。これらの施術では、黒いものに光を集めて行いますので、お肌が黒いと効果がでにくく、日焼けの度合いによってはお肌に強い負担がかかりますので施術を受けることができない場合があります。特に、施術後は飲食やサウナ、そして激しい運動にも気をつける必要があり、生活習慣に気を配る必要があります。
さらに、自己処理による除毛ならまた毛は生えてきますが、脱毛の場合は毛が生えてこなくなることがあります。これは、部位によってはデメリットになります。具体的に、眉毛やもみあげ、うなじ、そしてVIO脱毛です。眉毛の形状には流行があり、もみあげやうなじは施術の度合いによっては美しさが失われてしまう場合があります。
また、ワキは毛がなくなることによって汗が流れることを感じやすくなりますので、汗の量が増えたように感じてしまいます。ワキの施術と汗の量の増加には医学的な根拠はありませんが、毛が減ったりなくなることで、お肌が摩擦されやすくなりますので、汗が増えたような感覚になってしまうといわれています。
そして、肌荒れや、乾燥、火傷などの肌トラブルが生じる場合があります。施術では、レーザーや光で施術を行いますので、毛穴が炎症を起こし、ニキビのような状態になる場合があります。また、熱を使いますし、細い毛の施術の場合は高熱でないと効果がでにくいので、火傷のリスクが上がってしまいます。お肌の水分量が低下しているとお肌を保護する力も低下しますので火傷の可能性が高くなってしまいます。ですから、脱毛を行っている期間は自宅でも保湿ケアをする必要があります。さらに、火傷ではなくても、軽い炎症を起こす場合があります。その炎症した箇所はメラニン色素が過剰に生成されてしまいますので、色素沈着が生じることもあります。
このように、脱毛は、信頼できてアフターケアの体制が整っているサロンや医療機関で施術を受けることがデメリットを回避するために大切なことです。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です