脱毛で火傷をすることはあるの?

多くの人がエステサロンや美容クリニックで脱毛をする時代ですが、皮膚に火傷を生じるリスクはゼロではありません。光やレーザーの仕組みは、ムダ毛を処理したいパーツの毛乳頭などの細胞へ照射をして、その組織にダメージを与えることだからです。施術を受けるとエステサロンでは、ほんのりと肌に温かさを感じますし、クリニックでははじかれるような軽い痛みを感じますが、この時に一瞬にして光は熱変換をしていますので、痛みなどを感じやすいのです。

でも施術後の肌は火照りを感じることはあっても、多くの場合はすぐに赤みも消えていきます。スタッフがクールダウンの処置をしてくれるので、問題なくエステやクリニックを跡して自宅へ帰ることができるので、本人的には肌に問題を感じにくいのです。でも表皮の下ではまだ熱がこもっているので、その熱は24時間は持続をするとも言われています。夏がこもるというのは、軽く表皮の下では炎症を起こしているという状態です。

火傷を起こす原因として、スタッフ側の施術設定の誤りもありますが、これはプロの施設では考えにくいものです。医療機関では国家資格の医者か看護師でなければマシンは利用できないですし、最近のエステサロンは社員教育に力を入れるので、脱毛マシンを取り扱うにしても徹底した教育をしています。お客さんの肌の状態を確認して、適切な照射設定にすることは、必ずプロのスタッフであれば行うので、施設側が誤ることはほとんど少ないです。

お手入れを受ける側の問題は大きいものであり、まず脱毛をするとなったら日焼けは厳禁です。皮膚を黒く日焼けしてしまうと、照射の時に皮膚の黒さに光やレーザーが反応をしてしまう可能性があります。だからエステやクリニックでの脱毛契約時には、通っている期間は絶対に日焼けはしないように、口を酸っぱくして言われるわけです。自分の肌に火傷をしないためにも、絶対に日焼けはしないようにして、ゴールまではUVカットのお手入れを徹底させます。

シェービングを十分にしていない肌も、誤って皮膚に火傷を負うリスクが高くなります。脱毛前には必ずシェービングをして、ムダ毛が表皮の上に出ていない状態で挑む必要があります。剃り残しがあれば、有料でも施設でシェービングをしてもらうことです。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です