脱毛後の肌の状態はどうなっている?

脱毛をした後にはむだ毛の無いスベスベの肌状態になると考えがちですが、これは誤りです。光やレーザー施術による脱毛を受けた直後だと、まだむだ毛が残っている状態です。実は光やレーザーで処理すると、しばらく時間をおいてから毛が自然に抜け落ちる仕組みになっています。早い人なら1週間、2~3週間くらい経過してから抜け落ちる人もいます。
毛ではなく、肌そのものについては、見た目ではあまり変化が見られない印象があるものの、皮膚の内部に熱処理を加えますので、気づきにくい炎症による腫れや熱っぽさがあります。脱毛施術直後にその部分を冷やすケアをしてくれますので、酷くなる心配はまずないものの、血行が良くなるような行動はしばらく控えるのが無難です。
血行が良くなると、内部の炎症に影響を及ぼして、腫れや赤み、痛みが強く出る心配があります。脱毛した部分をマッサージしたり、熱いお風呂に入る、運動などが問題になりがちです。飲酒も血行を促進しますから、しばらく控える努力をしましょう。
何日か経過することで肌が落ち着いてきますから、その後に少しずつ普段通りの生活を送るようにしてください。ちなみに洗顔やシャワー程度であれば、当日でも行って構わない例が多くあります。但し、自己判断はよくありませんので、脱毛してもらったサロンやクリニックのスタッフからアフターケアについて詳しい説明を受けてください。
脱毛後は古い角質が剥がれ落ちていますので、乾燥しがちです。乾燥している状態でゴシゴシ洗ったり、何もケアをしないで放置すると肌荒れのリスクが増します。施術をした部位に対してローションや美容液などを塗って、スキンケアを怠らないようにしてください。
紫外線対策も重要です。乾燥しがちな肌は紫外線ダメージを受けやすく、シミや日焼けの原因を作り出します。これについてもしっかりと保湿しながら、日焼け止めを使って紫外線から守る工夫をしましょう。露出の少ない衣服を着る、日傘やつばの広い帽子などで紫外線をカットしてみましょう。日差しの強い時間帯の外出を極力控える対策もおすすめです。
対策をしてもトラブルが発生する、症状が悪化するのなら、早めに施術を受けたサロンやクリニックに相談しましょう。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です